WordPressを使いこなしたい方におすすめのプラグイン機能とは

WordPressを便利に高度にカスタマイズしよう

誰もが無料でホームページ制作ができるWordPressには、様々なプラグインが用意されています。

プラグインとはWordPressをインストールした際に付属している基本的な機能以外の拡張機能のことで、必要に応じて別途インストールすることで利用できます。

便利なプラグインが様々用意されていますが、何となく便利そうとインストールしていると重くなってしまったり、プラグイン同士の相性が合わなかったりすると、不具合が生じかねません。

ご自身のホームページの制作、運営の上で、これは必要というプラグインを見極めて導入するのがおすすめです。

SEO対策に便利なAll in One SEO Pack

企業やお店のホームページではユーザーをサイトに呼び込むためのためのSEO対策は必須です。

このプラグインを導入すれば、専門知識がない方もソースコードを編集する必要なく簡単にSEO対策ができます。

人気のサイト分析ツールであるGoogleアナリティクスのコード設置や、Googleクローラの登録スピードを速めるサイトマップの更新なども設定できるのも便利です。

ホームページ運営ビギナーにてSEOで集客をしたい方はぜひ利用してみましょう。

すぐにお問い合わせフォームが設置できるContact Form 7

お問い合わせ専用の画面をはじめ、限定イベントの応募フォームなどユーザーとのコミュニケーションを活発にするためにもお問い合わせフォームは需要なアイテムです。

このプラグインを導入すれば、専門知識がなくてもフォームに必要な項目や送信先メールアドレスなどを設定して、タグを埋め込むだけで気軽に設置が可能です。

人気記事を更新してくれる便利なPopular Posts

ブログページやコラムページで話題を集める際に人気のある記事を見つけたとしても、新しく記事を投稿していくたびに過去へと追いやられ、次第に見つけにくくなっていきます。

このプラグインを導入することで、各記事のPVカウントがスタートし、サムネイル表示を設置することで、サイドバーなどにデイリーやマンスリーの人気記事一覧が表示されるようにできます。

人気記事を常にピックアップして表示させて、注目記事を読んでもらい、回遊率をアップさせたいサイトにおすすめです。

表示速度を低下させない便利なLazy Load

販促などを目指してはりきって画像を入れる方も多いですが、そうするとページの表示速度が遅くなったり、思うように表示やスクロールができなくなったりするなどで、ユーザーのイライラ感と強めてしまうことがあります。

中にはそのままサイトを離れてしまうリスクもありますが、このプラグインが解決してくれます。

ページ内の画像を遅延読み込みさせることで、読み手のスクロールに合わせて画像を読み込み、表示をスムーズにさせるというものです。

ニーズの高まる投稿ページと固定ページの重要度

最近人気を高めている投稿ページ

投稿ページと固定ページという言葉は、無料のホームページ制作ツールであるWordpressに登場する概念です。

もっとも、このすみ分けは他の方法で制作するホームページ全般にも当てはめることができます。

かつてはホームページと言えば、一度作成されると基本的には固定され、サービス内容に変更があることや、会社の代表者が代わったなど必要に応じて更新がなされる程度でした。

つまり、全てが固定ページでできていました。

これに対して、最近は頻繁な情報配信が集客や販促に役立つとされ、SNSを別途運用する企業をはじめ、ホームページ内でブログを運用したり、コラムなどを配信したりするケースも増えてきました。

どんどん新しい情報が加えられていく、スタッフブログや社長のブログ、サービスや商品に関する知識などを紹介するコラムページなどが投稿ページにあたります。

固定ページの役割

固定ページは会社やお店の紹介や案内、コンセプトや事業内容など基本的に変わらない内容を案内するページです。

内容に変更があった場合は修正を加えて更新という形になり、その部分が入れ替わるスタイルです。

前の記事を残しながら、付け加えてページが増えることはありません。

頻繁に変更されることがない基本的な内容を記述する、安定のページとなります。

基本の商品やこれから継続的に提供していく商品やサービス、定番のメニューなどは固定ページに記載して、いつでも確認できるようにしておきましょう。

投稿ページは最新の情報が積み重なっていく

これに対して投稿ページでは、前の記事の上にどんどん新しい記事が積み重なっていきます。

時系列で並んでいき、過去の記事はどんどん後に追いやられるので、前の記事も含めて読んでもらいたい時は、カテゴリ分けなどをして分類をしっかりしておくのがおすすめです。

たとえば、商品やサービスに関するお役立ち知識を紹介するコラムなどは、日付が古いものでも役立つ情報や、ユーザーに知ってほしいものも多いので、探しやすいようにカテゴライズを行っておきましょう。

一方、新商品の紹介や飲食店などで日替わりメニューを毎日更新するといった場合には、古い情報は読んでもらう必要は特にありません。

もちろん、わかりやすいカテゴリ分けはした方がいいですが、どんどん新しい日付で記事が増えていっても、読みにくくなったり、探したい情報が得られなかったりするというケースは少ないです。

ホームページを作成する場合のテーマの選び方

ホームページのテーマを選ぶとは

ホームページを作成するにはテーマ選びが大切になります。
テーマはいわばホームページの顔となり、訪れる人の印象を決め、すぐにスルーされるか、もっと見てみようと思うか、商品購入やサービス利用に結びつくかにも影響を与えます。
また、ホームページが備える機能や構造もSEO対策と結びついているので、選び方次第でSEO対策により優れたホームページができるどうか変わってくることもあるのです。

WordPressでホームページ制作をする際のテーマ選び

世界的に利用者が多い無料のホームページ制作ツールのWordPressを使うと、最初にテーマを選ばなくてはなりません。

数えきれないほどのテーマが用意されているのが魅力の一方で、選び抜くのは大変です。

様々なテーマがありますが、まずはどんなデザインがいいか考えてみましょう。

トップページは多くのネットユーザーが最初にアクセスするページになるので、表示方法やサイドバーの有無、サイトロゴの表示位置などを確認するのが基本です。

個別ページにおけるデザインは、レイアウトの見やすさや複雑すぎないかもチェックしましょう。

次にホームページには欠かせない見出しや箇条書きのデザインが構築されているかを確認します。

構成に大きく影響するカラム数も、2カラムがいいか3カラムがいいかよく検討しましょう。

サイドバーの位置も確認するのがおすすめです。

ユーザビリティもチェックしておこう

見た目にカッコいい、他にはなさそうなどと思っても、それが人を集める目立つサイトになるとは限りません。

アクセスするユーザーにとって利用しやすくないとアクセス数も、滞在時間も延ばせません。

ページの表示速度は重くなくスピーディーか、スクロールはスムーズにできるか、無駄なアニメーションでユーザーをイライラさせないかなども、テーマ選びにあたってはチェックしましょう。

マイナーなテーマになりすぎない

他とは違うからよさげとマイナーなテーマを選ぶのは、初心者の場合は避けた方がいいでしょう。

メジャーなテーマだと他のサイトと被りそうで不安という方もいますが、メジャーなほどセキュリティに優れており、もし、困った時に似たサイトを見つけて原因を探ることや、やり方を知る術が持てるからです。

なお、ご自身でのカスタマイズを検討しているなら、カスタマイズしやすいテーマを探しましょう。

また、ビジネス利用なら無料のテーマより、有料のテーマを選んだ方がSEO対策により優れたテーマと出会えることが少なくありません。

WordPressをもっと簡単に使いこなすには少しでも知識を深めることがカギ

WordPressをうまく使いこなすために

WordPressは誰もが無料で簡単にホームページを作成できるツールとして、世界中に多くの利用者がいます。

世界に広がるインターネット上のサイトの約30%がWordPressで作られているとも言われています。

誰もが簡単に美しいホームページを作れるというのが触れ込みですが、実際に誰でも作れるのでしょうか。

WordPressではホームページを作成するために本来必要なHTMLやPHPなどの知識がなくても、装備された機能をドラッグ&ドロップで使いこなすことで簡単に作れると言われています。

作成にあたっては無料でダウンロードした際に付属するマニュアルを見て学びながら操作をしていくことになります。

ですが、実はこのマニュアルの理解が難しいと悪戦苦闘される方も少なくありません。

マニュアルを理解しながら頑張れば、シンプルで静的なホームページは作成できるでしょう。

ですが、デザインや構造に凝りたい場合や、サービスへの予約やコンサルティング依頼を受けたい、どんどん売れるECサイトを作りたいとなってくると、自分でカスタマイズができるとスムーズです。

そのために、WordPressの基本的な仕組みに使われているHTMLやPHPを理解するのがおすすめです。

HTMLを学ぼう

HTMLはリンクを挿入したり、画像を入れたり、テキストの文字を強調したりできるタグづけを基本としています。

WordPressの基本操作ではわかりませんが、簡単操作で画像を入れ込んだり、リンクを入れたりできるのは、裏でこのHTMLが作成されているためです。

ご自身で知識やスキルを覚えれば、操作をしなくても、自分でHTMLを使って気軽に作成できるようになり、機能にないスタイルも作れます。

イチからHTMLで全てを書くのは大変ですが、WordPressをベースにすることでわずかな知識でもカスタマイズを可能としてくれます。

参考: 効率よく学ぶためには

効率よく学ぶためには、やはり誰かに教えてもらうのが一番です。

自力で覚えようとするほとんどの人が、途中で挫折しています。

授業形式のプログラミングスクールに通うのがベストですが、通うとなると首都圏や都市部に住んでいないと難しいでしょう。

そこでオススメしたいのがオンラインで学習できるプログラミングスクールです。ネット上で完結できるため受講料もリーズナブルです。ネットに繋がっていればいつでも受講可能なのもメリットです。

オンラインのプログラミングスクールについてはオンラインのプログラミングスクール9校を徹底比較【初心者向け】が参考になりました。

こちらの記事を参考に、ぜひ検討してみてください。

PHPをマスターしよう

WordPressはPHPというプログラミング言語で構成されているので、PHPを習得できれば、作成するホームページを自在にカスタマイズ可能です。

一つのページに様々な情報を反映させて、動的なページを作れるのが魅力です。

PHPはイメージやPDFファイル、 Flashムービーなどもその場で生成が可能で、フォームからデータを取得したり、クッキーを送信・受信したりすることもできます。

さらにPHPはほとんどのWEBサーバーを をはじめ、多彩なOSに対応できる性能を備えているので、多くの人に見てもらえるホームページが作れます。

近年は聞かれることも多くなったWordPressの特徴や仕組みについて

WordPressの意味について

近年は個人から企業までブログを作成したりすることも見られますが、それを行うためにはWEBサイトの構築が必要不可欠です。

ネットのWEBサイト構成などでも欠かすことができないソフトウェアの一つのことをWordPressと言います。

利用者がよりよく活用できるような機能を備え、しかも年々、その機能が進化している点でも利用者にとっても興味・関心が高い点も見られます。

WordPressの特徴について

WordPressは進化の過程を経ていますが、オープンソースを実現している仕組みとなり、優れた点には無償性を実現していることにあります。

つまり開発されたソフトウェア自体を無償で公開を行っており、利用者のニーズや目的などで自由に進化させていくことができる形になっています。

もっとも利用者としては、こうした機能があったらいいなあと思うことがあれば、その機能を自由に追加することもできます。

その機能の追加を追求していった場合には、コンテンツ管理システムにたどり着くことができ、より効果的なコンテンツの運営を行えるシステムを構築することにもつながります。

実際の運用のされ方について

多くの企業で利用されているHPサイトのデザインでも、サイトの骨組みやCMSはWordPressを用いていることが見て取れます。

そのシェアが実に50%以上に及んでいることもあり、こうした普及した点でも利用者にとってもなじみ深くなり、使いやすいメリットも生まれています。

利用者の見る視点にこだわっており、情報を整理された形で展開できる点でも優れています。

WordPressを利用することによって生まれる大きなメリット

それを利用する場合には無料で利用することができる点が大きなメリットです。

ただ実際には格納しておくサーバーの確保に迫られることもありますが、写真や画像などの豊富な題材を活用しやすい点でも優れています。

他にもサイトを構築するためには、専門的な知識を必要とされることも多いですが、コードなどを意識することなしに構築できる点でも誰もが使いやすく優れているのがメリットでしょう。

しかも多くの方にも使用されてきた実績からも、それについての書かれた書籍なども数多く出回っております。

そのような書籍を活用することで、不明な点やトラブルを解決できる点も良いです。

効果的なWordPressの活用の仕方とは

まずどのようなサイトを構築するかのテーマ性を常に持たせておくことが重要になります。

プラグインを用いることで、必要な機能を追加していく使い方も可能です。

デザイン自体のテンプレートがそろっているため、テーマに近いものを選択することからはじめましょう。

骨組みができているため、それを具体的な機能を追加していくだけで簡単に作業できます。

もちろん運営を行うサーバーなどを用意することが必要です。

そこにWordPressをインストールすることで、やっと使うことができる環境となるでしょう。